脂肪肝 改善 タウリン サプリ

タウリンサプリ@肝臓におすすめ

タウリンとは、魚介類に豊富に含まれているアミノ酸の仲間の成分で、主に肝臓の働きを手助けし、血圧や血糖値を下げ、疲労回復をする働きを持ちます。
ところが、このように優秀な効果をしてくれるのですが、毎日の食事から摂ることがなかなか困難なので、近頃はサプリメントから補う方が増えてきています。
そんなわけで、こちらで効率よく補える、お勧めのタウリンのサプリメントを幾つかご紹介します。

 

タウリンサプリ人気ランキング

しじみ習慣 ←無料お試し!

しじみ習慣は、二日酔いやお酒の飲みすぎによる症状を緩和させるように手助けしてくれるサプリメントです。しじみ習慣には、肝臓にいいタウリンやオルニチン、健康的な毎日を送るために必要なビタミンやカロチンなどをたっぷり配合しています。
肝臓や血圧、血行値などが気になっている方に特にお勧めのサプリメントです。ホームページから無料サンプルのお申し込みが可能です。
お酒をよく飲む方はぜひ、10日間の無料お試しを!

 

肝パワーEプラス

肝パワーEプラスは、広島さんの牡蠣から摂れる、肝臓や高血圧予防に適したタウリンを含んだサプリメントです。牡蠣以外にも、長野産にんにく、紀州産高梅のクエン酸も豊富に含まれ、他のタウンサプリメントと比較しても、体内へ吸収される割合が極めて優秀です。続けて飲んでいると、確実にその効果を感じられると思います。
現在、公式ホームページからのお申込みが可能で、ご満足いただけなかったら全額返金保証が付いています。

 

海乳EX

海乳EXは、中高年のあらゆる悩みをサポートしてくれるタウンサプリメントです。海乳EXには、タウリンをはじめ、亜鉛、グリコーゲン、ミネラル、アミノ酸、ビタミンといった健康的な毎日を送るには必須となる栄養素がたっぷり含まれています。
優秀なサプリメントなゆえに、リピート率が50%。二人に一人はリピーターとなるのです。一日2粒と手軽です。公式ホームページから購入が出来ます。

 

 

タウリンについて

タウリンとはどういった成分なのかご存知ですか?魚介類の中でも、牡蠣などの貝類に最も多く含まれており、貝の他にもイカ、タコなどの普段食べるものにも含まれています。
人間の体内にもタウリンはあり、脳、筋肉、眼の網膜、心臓、肝臓、その他臓器といった体内の至るところに存在するのです。

タウリンの働きについて

タウリンは、人の体の体内環境や細胞などを正しく改善するように働きます。自然治癒力も、健康でいようとする本能的な働きであるホメオスタシスにより作用する体内で起こる現象です。
この働きを再現するときに、タウリンは非常に活発的になります。
そこで、このタウリンの性質や効果などを簡潔にご紹介します。
タウリンは肝臓の働きを活発にしてくれます。なので、その効果がわかりやすい方は、高血圧、血糖値、コレステロール値が高めの方となります。
タウリンにはこのような肝臓機能を正しく働かせることにより取り組む効果とも言えます。
他にも、体外から摂ったタウリンは、治癒能力に取り組んでいないときは、肝臓をカバーしていてくれます。

飲みすぎちゃっても心配なし

アルコールは、体内のアルコールが分解されていくと、酔いが冷めていきます。
むろん、アルコール分解は肝臓でされるのですが、ラット実験によるとタウリンを事前に摂ったラットのほうが、分解する力が優秀であったという結果が出ているそうです。
体の中に存在しているタウリンのみでは、そこまでの力は発揮できません。
また、年齢を重ねるにつれて、タウリンの働きは衰えていってしまいます。
もし、タウリンの効果を体感したいと思ったら、3000rものタウリンを摂ることになります。なかなか困難な話です。
しかし、サプリメントであればそれが可能になります。
普段の食事からこれだけの量を摂ることは困難ですが、近頃は高濃度のサプリメントが多数販売されているので、効率的に摂ることが出来るようになりました。
体外からタウリンを摂ることで、これまでよりもヘルシーな毎日を送ってはみませんか?

 

 

タウリンは脂肪肝の改善に効果的 

 

特にお酒を好む方で、「タウリンは脂肪肝の改善に良い」と耳にすると、タウリンについて関心を持つ方もいるのではなでしょうか。
ところで、そのタウリンは、どうして肝臓病や肝臓そのものに良いのか、どういった働きをしてくれるのか、知っていますか?

 

タウリンそのものは脂肪肝の改善のみならず心臓や脳、血液や神経などの生命に繋がる機能を促すために必要な栄養素なのです。
なのでたくさん摂ることによって、肝臓以外の臓器や器官を守り、病からも守ってくれる働きをしてくれます。

 

体の中に摂り入れたタウリンは、脂肪肝の改善をはじめそのほかの病と生活習慣病にも効果的です。
他にも、疲労回復の効果もあるので、疲労からくる病などを防ぐことにも繋がります。
例えば、糖尿病、高血圧、動脈硬化などがそうです。

 

どちらにせよ肝臓が弱弱しくなると引き起こされる病なので、それをセーブしてくれることから、タウリンは脂肪肝の改善に効果的と言えます。

 

ではタウリンは肝臓に対してどういった働きをするのか、ですが

 

・幹細胞をカバーし、外からの攻撃から守ります
・アセチアルデヒドという二日酔いの要因となる成分の分解をサポートします
・胆汁酸とくっつくことによって、脂肪肝の要因となるコレステロールの排せつを促してくれます
・アルコールを飲むと過酸化脂質が生産され、肝臓に悪影響を及ぼします。この過酸化脂質という活性酸素を除去する働きを持っています。

 

過酸化脂質が生産され続けると、老化現象に繋がります。
人は誰でも年をとるにつれて様々な器官が衰弱していきます。もちろん肝臓もです。

 

この肝臓を健康な状態のままで維持するためには、活性酸素を可能な限り抑制することが重要です。
タウリンは、活性酸素を抑える働きをするので、肝臓の病から守るためにも実に強い味方となってくれます。

脂肪肝って何?

肝臓には、小腸で分解され、脂肪酸と形を変えた脂肪が送られてきます。

 

しかし、送られてきた脂肪酸が多すぎると、肝臓に中性脂肪が溜まってしまいます。こうなってしまう原因は、糖分や脂質をたくさん含んだ食事を食べ過ぎた場合や飲酒過多などの食生活です。

 

最近よく聞く中性脂肪という言葉、これが皮膚の下につくと肥満になってしまうのですが、肝臓についてしまった場合を肝脂肪と言います。要するに、肝臓が肥満になってしまうということです。

 

ただし、もともとある程度の脂肪はついていますので、脂肪が5%以上つくと肝脂肪と判断されます。

 

脂肪、パーセント、というと、体脂肪率が思い浮かぶと思います。体脂肪率だと5%という数字はとても小さい数字だと思うかもしれませんが、実際に肝脂肪と判断された肝細胞の中を顕微鏡で観察してみると球状の脂肪が大量に発生しているのが見えます。

 

脂肪肝は正常な肝臓に比べ中性脂肪が肝臓の脂質を占め、通常3分の2ほどを占めているリン脂質や、他のコレステロールや遊離脂肪酸はほとんどありません。

 

脂肪肝の人が多くみられるのは30代から70代で、特に男性が多いです。

 

脂肪肝の中でも、アルコール性の場合、肝硬変という病気になる恐れがあります。

 

 

 

脂肪肝になるとどうなるか

 

脂肪肝の恐ろしいところは、自覚症状がほとんどないことにあります。そのため、自分が脂肪肝であることに気付かないのです。当然、肥満のように見た目でもわかりません。そのため、医師の検診で定期的なチェックが必要になります。

 

脂肪肝には何故なるのか

 

脂肪肝には中性脂肪が溜まることによってなってしまうので、生活習慣病と呼ばれる、肥満や糖尿病などが主な原因です。また、飲酒の量が多すぎることも原因になります。

 

■NASHとは

 

アルコールを飲まなければ脂肪肝にはならないのか、というと、そうではありません。あくまでアルコール摂取の過多は原因の1つにすぎません。

 

アルコールを飲まなくても非アルコール性脂肪性肝炎(Non-alcoholic steatohepatitis = NASH)にかかり、脂肪肝から病状が悪化していき最終的に肝臓がんとなります。

 

非アルコール性脂肪性肝炎の原因は肝臓に負担をかけすぎることです。

 

例えば、偏食や極端に食事量を減らすなどの無理なダイエットをし、痩せたからと元の食事に戻りリバウンドをする、という流れを繰り返すと、栄養のバランスが悪くなり、肝臓には多大な負担がかかります。

 

肝臓にも気をつかった生活を心がけましょう。

脂肪肝になる理由となってから

脂肪肝は痛みなどの自覚症状もなく、見た目などにも表れづらいので、そうそう発見されることはありません。

 

なので、発見のされ方は検査によって肝臓の働きが数値化として表されたものを見て、というものが多いと言われています。

 

当然、脂肪肝が悪化してしまうと、肝臓病の症状として元気が出なかったり、食欲不振になったり、疲れがぬけなかったりします。

 

GPTやGOT、γGTPという指標はご存知でしょうか。血液検査を行った人ならわかると思いますが、血液中のたんぱく質の量を表す指標です。

 

脂肪肝を調べるときはこれらの数値に注目しましょう。特に、GPTはグルタミン酸ピルビン酸転移酵素というものを表し、GPTは特に肝臓に存在する酵素ですので、この数値に異常があればほとんど肝臓に問題があると決めてしまってよいくらいです。また、γGTPの数値が高くなっている場合はアルコール性脂肪肝の可能性が高いです。

 

ただし、GPTが低ければ全く心配がないというわけではありません。実際、脂肪肝の患者の数値を見てみても、GTPに異常が発見できた患者は全体の三割強程度だったとの報告もあります。

 

また、脂肪肝の原因に肥満がありますが、こちらも、痩せていれば脂肪肝ではないというわけではありません。太っていない脂肪肝の患者はいます。

 

では脂肪肝と判断される要素は何なのか気になりますが、残念ながらはっきりとした基準はありません。あくまで一般的には、中性脂肪が肝臓内における割合が1割以上になった状態とされています。また、病理学では、顕微鏡で100個の肝細胞を観てみて、その中に30%以上の脂肪空胞が見つけられた場合とされているそうです。

 

脂肪肝がある程度悪化していると、診断は簡単になってきます。超音波やCT検査で観るだけですぐにわかります。

 

脂肪を蓄積しやすいという遺伝子的特徴を日本人は持っています。ただでさえもそういう特徴を持っていながら、勤勉な国民性も相まって仕事などに打ち込み過ぎ、多忙で不規則な生活を送っていますので、患者が増えるのも無理はありません。

 

そうして内臓脂肪をたくさん蓄えてしまうと脂肪肝だけでなく、様々な生活習慣病にもかかってしまう危険性もあります。

 

肥満にアルコール、糖尿病。これらが結局脂肪肝、並びに様々な生活習慣病の原因なのです。

 

運動をしなかったり、食べ過ぎたり偏った食事を長期間続けたり、それらが内臓の周りに中性脂肪をつけさせ、肝臓に負担をかけ、肥満になってゆくのです。

 

脂肪肝にかからない人は、きちんとした食事と生活習慣を心がけている人だけです。お酒を飲んでいないから、太っていないから、などというのは全く見当違いな考えです。

脂肪肝の対処の仕方

●脂肪肝の原因をなくし、肝臓病の危険を回避しましょう。

 

では、脂肪肝になるそれぞれの理由に対して個別にアプローチしていきましょう。

 

1つ目の原因 肥満や糖尿病

 

食生活を見直し、運動を生活に取り入れ、ダイエットをすることで改善できます。栄養に気を付け、低脂肪で低カロリー、適切な量の食事を心がけましょう。有酸素運動を積極的に行い、適度な筋肉をつけ、脂肪を燃やしましょう。

 

2つ目の原因 お酒の飲み過ぎ

 

お酒の量を減らしましょう。アルコールの摂取基準量は1日ビール500mL程度なので、気を付けないとすぐにオーバーしてしまいます。命のかかっている事なので、自己管理を厳しく行いましょう。

 

 

 

肝臓の病気は発見がしづらいことで有名です。見つかったときにはすでに随分悪化した後ということが多いです。というのも、肝臓は機能を維持しようとする働きが強く、再生能力とともに代償能力が高いため、一部が使えなくなっても他の部分で補ってしまうのです。

 

なので、少しでも違和感を覚えたら、すぐに医師の検診を受けてください。また、肝臓の働きに関する検査数値に少しでも異常があれば、すぐに対処を開始してください。特に体調に変化がないからと放っておくのは絶対にだめです。

 

もちろん、一番大事なのは、脂肪肝になるような生活をしないことです。

 

 

脂肪肝に有効な食品

 

●脂肪肝に有効な成分はタウリンです。タウリンを含む食材を食べることにより、胆汁酸が多く分泌されます。胆汁酸とは肝臓から分泌される、コレステロールの排出に関わるもので、コレステロール値を下げることができます。

 

●アルコールの分解は肝臓に大きな負担をかけます。それを7軽減してくれるのがタウリンです。アルコールを分解する酵素の働きをタウリンが助けるので、早くアルコールを分解することができるのです。他にも、毒素を取り除く働きをする腎臓や肝臓も助けます。

 

●タウリンの中でも特に、牡蠣に含まれるものは、肝臓に溜まってしまった中性脂肪を取り除く働きもあります。

 

要するに、タウリンによって中性脂肪の問題はかなり改善に進みます。ぜひ食事に取り入れてみてください。

脂肪肝の特徴、症状、なりやすい人

本人に自覚症状が無いため、早期発見が難しい脂肪肝は、定期的な健康診断をすることが重要になってきます。

 

脂肪肝が進んだ状態となると、睡眠時間を確保しているのに眠気が取れない、あまり食べてないのに食欲がわかない、起きてる間ずっと倦怠感が続く、、、と感じるようになるのが特徴です。

 

脂肪肝をチェックする場合は、血液検査でのタンパク質の量を計った値のGOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)、GPT(グルタミン酸ピルビン酸 トランスアミナーゼ)が一般的です。そのGTPの値が重要で、アルコールの過剰摂取の場合は、yGTPの数値も高くなるのが特徴。

 

健康診断では基準値の範囲内だったし問題ない、というものではない点も注意が必要です。厚生労働省の調査によると、脂肪肝になる人のおよそ3割はGPT値が正常値の範囲内だったという結果があるため、油断は禁物です。

 

また、脂肪肝は肥満体型の人限定、というものでもありません。非脂肪体型のうち、2割が脂肪肝というデータが存在しています。

 

脂肪肝は一般的に肝臓内の中性脂肪が4〜5パーセントが10パーセントを上回った状態と考えられています。(病理学では、顕微鏡の標本観察で脂肪空砲が肝細胞100のうち30を超える状態)

 

肝臓に脂肪が付き過ぎた状態では、超音波検査、CTスキャンをする場合に白く発光する特徴があり、状態を判断するのはさほど難しいものではないとされています。

 

脂肪を蓄積しがちな傾向を持つ、日本人特有の遺伝子「節約遺伝子」があるため、私たちは肝臓を注意しておく必要がある、と考えられています。

 

毎日の生活週間によるバランスを欠いた食事により近年、肝臓を患う人が増加傾向にあります。

 

肝臓のダメージが蓄積されることで、脂肪肝、肝炎、糖尿病、動脈硬化、脳梗塞などの命の危険に発展する病気になるリスクも増えていきます。

 

ちなみに脂肪肝は、肥満体型、アルコール好き、が全体の70パーセントといわれています。

 

気づいたら大きな問題になってしまった、、とならないように毎日の生活を見なおしていくことから始めてみましょう。食べ過ぎ、飲み過ぎな人は少しずつ改善出来る部分を見つけて節度ある生活を心がけてみてください。

 

また、肥満体型じゃないから安心、というものでもないので注意が必要です。

非アルコール性の脂肪肝

アルコール性脂肪肝が減少傾向になってきたなか、逆に今警戒が必要とされてきているのが「非アルコール性の脂肪肝(NAFLD)」です。
非アルコール性脂肪肝(NAFLD)の原因とは、脂や糖分の多くバランスが悪い食生活や運動不足による、内臓脂肪の増加とされています。
最近では、無理なダイエットをした若い女性などが、体内のたんぱく質が不足して脂肪が排出されにくくなり肝臓に蓄積されることによって発症する場合も多く見られるとのことです。
この非アルコール性の脂肪肝(NAFLD)の怖い部分は、進行してしまうと「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」という病気になり得る場合もあるということです。
脂肪肝の人の約1割、患者数にすると約100万人がこのNASHに該当されるともいわれます。
NASHは最近話題になり始めた病気で、脂肪肝にストレスが加わって引き起こされるという一説もありますが、本当の原因や詳細はまだ判明しておらずいまだに確立した治療法も見つかっていません。
NASHは血液検査での診断は困難で、CT検査ですら見落とされる場合もあるとのことです。
NASHを確定するための診断には、肝臓の組織の一部を採取する「肝生検」という検査を要します。
NASHは他の肝臓の病気と同様、初期の自覚症状はほとんどありませんが、患者のうち約1割程度がすでに症状が進行してしまっていて、数年以内に肝硬変や肝臓ガンになる危険もあるとのことです。
NASHはアメリカではウィルス性肝炎やアルコール性肝障害の次に多い肝臓病とされていますが、アメリカ寄りの糖分や脂の多い食事を好み、運動が不足がちの日本人にとっても同じような症状がいずれ訪れるとおいう注意喚起もあるほどです。
肝炎は通常「ウィルス性肝炎」と想像しますが、そういった意味ではNASHは「生活習慣病の延長線上にある肝炎」ということを示します。
アルコールについては、5年間日本酒三合を晩酌し続けると、脂肪肝になりやすいとされます。脂肪肝発症後も飲酒を続けた際は、さらに病状が悪化し慢性肝炎または肝硬変や肝臓ガンにいたるケースもあるため注意が必要です。